勘定科目一覧

自分用メモ。

 

決算書に記載されている科目

1.売上

 商品や製品を売った時、サービス提供時の代金。

 

2.仕入

 商品を仕入れた時、仕入れに伴う運賃や手数料も含める。

 

3.租税公課

 納めなければいけない税金。

(印紙代、固定資産税、事業税、自動車税、不動産取得税など)

 

4.荷造運賃

 商品や製品の発送費。

(宅配便、小包料金、段ボール箱、テープ代など)

 

5.水道光熱費

 事務所・店舗に必要な水道光熱費

(水道料、ガス代、電気代、灯油代、重油代など)

 

6.旅費交通費

 業務遂行上要する電車代、バス代。

 (電車、バス、タクシー、出張旅費、宿泊代、有料道路代、駐車料など)

 

7.通信費

 (電話料、携帯電話料、プロバイダー料金、切手、はがき、封筒、書留、速達量など)

 

8.広告宣伝費

 店や商品をPRするための費用。求人広告含む。

(パンフ、チラシ、手帳、広告料、展示会などの出品費用など)

 

9.接待交際費

 営業上必要な接待・交際費。

 (飲食代、お土産代、お中元、見舞金、お祝い金、接待の際の交際費、記念品、宴会費用、ゴルフ代など)

 

10.損害保険料

 建物、機械、工具、商品、材料などに掛ける火災保険料、自動車保険などの保険。

 (火災保険料、自動車保険料)

 

11.修繕費

 建物、車、機械などの維持修繕のために要した費用。普段の手入れをする費用も含む。

 (ガラスの取替え、壁の塗り替え、車の部品取替え、コピー機の修理など)

 

12.消耗品費

 長期間にわたり使うものではなく、何回か使えば使えなくなるもの。耐用年数が1年未満、価格が10万円未満のもの。

(机、いす、棚、消化器、時計、灰皿、湯飲み、電池、電球、スリッパ、傘立てなど)

 

13.減価償却

 建物、機械、器具備品、車両運搬具など、その資産の使用可能期間に応じて分割された経費。

 

14.福利厚生費

 事務所・店舗などにおいて従業員が働くための費用。

 (従業員の作業服、医薬品、慰安旅行、慶弔金、健康診断料など)

 

15.給料賃金

 従業員に対して支給する給料。

(給料手当、賞与手当、アルバイト代、パート代など)

 

16.外注工賃

 下請け業者などの労務提供に対する支払い。

 (加工賃、製作費など)

 

17.利子割引料

 借入金の利息を払った場合や、期日前の手形を割り引いた時の割引料など。

 (支払利息、手形割引料など)

 

18.地代家賃

 土地や建物の賃借料、月極の駐車場代など。

 (家賃、室料、共益費、駐車場代など)

 

19.貸倒金

 売掛金や未収入金が、相手先が法的に倒産したことなどにより回収が不能になった時。

 

20.雑費

 金額が小さく、年に数回しか発生しないもので、1つの勘定科目を立てるほどではないもの。

 

決算書には記載されていないが別科目にしてよいもの

1.法廷福利費

 健康保険や厚生年金、雇用保険などの各種社会保険の会社負担分。

(健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料など)

 

2.業務用品費

 業務を行うのに必要な費用。

(ボールペン、消しゴム、クリップ、ホチキス、マジック、はさみ、帳簿、伝票など)

 

3.リース料

コンピュータ等のリース料やレンタル料。

 

4.新聞図書費

調査、企画、研究、営業など業務上必要となる書籍、雑誌、新聞などの費用。

(新聞代、雑誌代、書籍代など)